お宮参りの着物の着方

お宮参りの時に着る着物は、長襦袢と着物がすでに合わさっているものが殆どです。
他に必要なものとして赤ちゃん用のよだれかけ、赤ちゃんが被る帽子、お守り、そしてのし扇子となります。

お宮参りの着物の着付け方ですが、まずお母さんが赤ちゃんを普通に抱っこした状態で赤ちゃんによだれかけをかけてあげたら、お守りとのし扇子を赤ちゃんとは逆の肩に装着するようにします。
着物は本来背中に来る方が前に来るため、長襦袢と着物の紐を合わせて、お守りとのし扇子を紐で通すようにしてください。

着物を赤ちゃんにかけるときには、まずお守りとのし扇子がかかっている方をお母さんの肩にしっかりと合わせ、もう片方の紐は赤ちゃんのよだれかけの下に入るように斜めに装着し、紐同士を背中で結びます。
最後に赤ちゃんに帽子を被せてあげれば完了ですが、赤ちゃんがどうしても嫌がってしまう時は無理に被せなくても大丈夫です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング


おすすめ記事