着物を着て美しく階段を上り下りするコツ

着物を着ている時は大きく足を広げることが出来ないので、特に階段の上り下りに苦労するという方は多くいらっしゃるようです。
裾を踏んでしまうと転倒する可能性もありますので、今回は無理せず安全に階段の上り下りする方法をご紹介致します。

まず袖の部分を両方持ち上げ、片方の手にかけるようにして持ったら、バッグなどの持ち物も袖を掛けた方の手で持つようにします。
そうして空いたもう片方の手で上前を持ち、ゆっくり階段を上ってください。

下りる時は袖や裾は上る時と同じですが、身体を少し斜めにして足元が見えるようにしてゆっくり下りていくようにしましょう。
階段の奥行きが狭い場合には、片足ずつゆっくりと下り、一旦両足を揃えてからまた下りるというように、慎重に下りるようにしても構いません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング


おすすめ記事