着付け用両面テープで半襟を付ける

長襦袢に半襟を付けるにはいくつかの方法がありますが、今回はその中でも最もおすすめな、着付け用両面テープを使った方法をご紹介致します。
手芸用の両面テープですと長襦袢などを傷めてしまう可能性があるので、必ず着付け用の両面テープを利用するようにしましょう。

まず長襦袢の襟を床に広げて置き、表面に両面テープを貼っていきます。
広げた長襦袢の襟の上に両面テープを端から丁寧に、そして少しずつ貼っていき、真ん中まで貼ったら一度テープを切ってください。
今貼った両面テープがしっかり貼れているかを確認したら、切った方の両面テープのシートを2cm程度だけ剥がし、シートを斜めに折って折り目を付けておきましょう。
そしてそこから再び両面テープを端まで貼っていき、今度は貼り始めの方のシートを同じように剥がして折り目をつけておきます。

半ここで半襟を用意し、まずは両面テープのシートが剥がれている真ん中に貼付けたら、底を中心に襟に合わせて半襟を整えていきクリップなどで留めておきます。
そして折ったシートを引っ張るようにして少しずつ他のシートも剥がしていき、しっかり半襟と長襦袢を両面シートに付けていきましょう。
もう半分も同じように半襟を付けていったらそのまま裏返し、裏も同じように付けていって完了です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング


おすすめ記事