着物を着る際には、マナーまで覚えておこう

着物には、時と場所によってマナーがありますので、外出先で恥をかかないためにも、しっかりと理解し身につけておきましょう。

まず着物姿の時の基本的な姿勢として、背筋や胸をピンと張り、顎を引いてお腹を出さないように気をつけましょう。

食事の際には、着物を汚さないためにも袂を持って遠くの物を取るようにしたり、テーブルに体を近づけるようにして食事をすると着物を汚す心配もありません。

歩き姿は、内股で歩くように心がけると綺麗に見えますので、裾が捲れないように歩幅に注意し、着物は歩きにくい物ですから時間にも余裕を持つようにしましょう。

トイレを使用する際には、裾を上前・下前の順番で帯の間に挟みますが、それでも心配だと思う人は洗濯バサミなどで留めておくと良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング


おすすめ記事