着物の保管

着物の保管はきちんとできないと、着物は湿気により、かびてしまったり、汚れてしまったりして、着られなくなってしまいます。仮に着てしまったら、着物美人ではなくなってしまいます。それを防ぐために、着物の保管方法も学びましょう。

着物を保管するには、乾燥剤のきものの友を購入するといいでしょう。きものの友をタンスの中にいれておくと良いでしょう。
着物と腰紐は分けて保管しましょう、何故なら、腰紐のウール成分に対して虫が寄ってしまい、着物に穴を開けてしまう可能性があるからです。
また、帯が黒く変色してしまう可能性があるので、輪ゴム等のゴムも一緒に保管しないい方がいいようですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング


おすすめ記事