おしゃれな銀座結びを楽しもう

着物の帯の結び方には色々な方法がありますが、今回は銀座結びの方法をご紹介いたしますので、ぜひ着物を楽しむ時の参考にしましょう。

帯板と2つのクリップを使用しますが、まずは帯板の左側を上にしてキツ目に締めておき、クリップは真ん中と左側に留めておきましょう。

帯は、輪の部分が下になるように持ちつつ、手先部分を10センチほど折っておき、手の長さで帯板とクリップで留めたら、右側は外側が三角形になるように右肩へ乗せておきましょう。

帯を右回りに1周回したら、一度重ねてクリップで留めて緩まないようにしておき、2周目も同じようにクリップで留めたら、垂れ部分を内側に折って一度帯を締めましょう。

手先の方が輪になるように上に重ねて、仮紐などを使って紐を隠すように帯揚げを重ねたら、羽の大きさを綺麗に整えて完成です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング


おすすめ記事