長襦袢の丈直しの方法

長襦袢丈は身長から約30cm引いた寸法が基準となっています。しかし歯が過ぎても着物の下から長襦袢が見えてしまいますので、少し短めの方がラクかと思いますので、おすすのようです。
夏物の場合は透けますので、あまり短いと見た目も悪くなってしまいますので、注意が必要となっています。

丈を治す場合にはスカートの裾上げと同じように、してしまえば簡単になりますが、おすすめできません。帯に巻く位置に収まるように調整するのが一番となっており、ヒップにかかる位置ですと、着物を着た時にラインが分かってしまいますので、自身のウエストの位置で長い部分をつまみ縫い上げます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.



ランキング


おすすめ記事