お手洗いの着物マナー

せっかく美しい着物を身に付けているのだから、その立ち振る舞いも美しいものにしたいですよね。
お手洗いに行く時もそれは同じで、お手洗いで周りからみられると言う事は非常に少ないと思いますが、見られていないからこそ正しいマナーを心がけたい所です。

まず着物の袂を帯締めに挟み、裾を腰の高さまで持ち上げたら、今度は帯締めの間に挟み込んでしまいましょう。
長襦袢も同様に腰の高さまで持ち上げて帯締めに挟めばオッケーです。

他にも着物を着てお手洗いに行く時に気をつけたい点として、出来るだけ洋式のトイレを選ぶようにするといいでしょう。
またお手洗いから出る時は、それぞれ持ち上げた裾や袂がちゃんと戻せているかを確認するのを忘れないようにしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング


おすすめ記事