着物の着くずれた時のなおし方

左右の半衿の出方が違っており、きものの襟元が浮いてしまっています。長襦袢の襟が開いてきたら下前の身奴口から左手をいれて右手で上前の裾をもち両手を引きます。左右の半襟同じくらいに見え、着物も半襟にしっかりと重なっています。

上前の裾が下がってしまうのは腰紐の結び方がゆるかったり、立ち上がるときに自分で裾を踏んでしまいますとこうなってしまいます。
この場合には腰紐をすこしだけ浮かせて着物を上に引き上げます。

帯が落ちてしまい、一巻目が見えてしまう場合、帯を巻いたときにひきしめていなかったときなどにおき、これはきものと帯の間にハンカチ等をいれて帯がおちないようにします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です