着物の小紋、どんな特徴がある?

着物の小紋はどんな着物で、どんな特徴があるのか知っていますか?

小紋の格は下から二番目という低さなのでカジュアルな場面で着られる着物ですが、柄の大きさの大小に関係なく全体的に柄が入っているという特徴がありますよ。

無地のように見えるような、柄が少なくて余白が多い物は余所行きの着物として使う事もできると言われていますが、ドレッシーな服装が必要なフォーマルな場面には適さないので、気軽に行けるようなカジュアルな場面で楽しむと良いでしょう。

小紋に合わせる帯は名古屋帯が一般的ですが、昔の帯は長さが短い物が多いので結び方に工夫が必要なので、格を気にしなければ半幅帯を使う事もできますよ。

小紋の着物を着る時には、足袋と草履も用意する事になりますが、草履の底の部分が低いカジュアルな物を選ぶのがオススメです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です