美しい着物の所作、歩き方を学ぼう!

着物を着たなら、美しく見える歩き方を実践してみてはいかがでしょう?

着物を着て歩くのと洋服を着て歩くのは少し歩き方が異なるため、ロボット歩きになってしまわないよう注意が必要なのです。

草履を履いて歩くのであれば、鼻緒のキワまで足指を入れてしまうと鼻緒がズレる原因になりますので、足指の付け根から一本先で鼻緒を摘み上げるようにすると良いでしょう。

歩く時には膝と膝をすり合わせるようにして、足をまっすぐにしながら歩き、鼻緒を摘むようにすると良いのだそうです。

まっすぐに立ったまま、肩甲骨を意識しながら片足をまっすぐに上げる練習をしたり、足を上げつつ重心は後ろのまま前後に揺らしてみますが、足を揺らしすぎると体がブレるので着物の幅を意識して実践してみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です